So-net無料ブログ作成
検索選択

GW一日一雑貨 その5  5/4

連休中の一日一雑貨、勢いつけてまいります!
昨日香港の雑貨を紹介しましたので、
その流れで……東京にいるときは使いませんが、
香港にいるときは毎日使う、しかも地下鉄に乗る時に使う、コレです。

ただの腕時計ではありません、
これは日本で言うところのSUICAでありPASMOなのです。
現地ではオクトパスと呼ばれていて、
もちろんカードのスタイルが一般的ですが、
たま〜に、何かアニバーサリーなことがあると、
カード以外の姿に変えて売り出されるのです。
この時計の文字盤のところにチップが埋め込まれているので、
読み取り機の近くに通すだけで地下鉄や
バス、フェリーに乗ることができ、コンビニで買い物もできちゃいます。
これは2000年記念バージョンなので、
既に10年ほど前に今の日本のシステム
できていたということなんですね〜。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*自宅のタイル、リクエストがあったので(?)
お見せします。私が貼りました〜。

1cm角の小さなタイルなので、アップで撮っております。
INAXのジュエリーモザイクタイルといいまして、ネット&FAXで買えます。
これ……目地材が通常のタイル(10cm角)の「5倍」必要でした!
小さいタイルをご自分で貼られる方は、要注意です。
(私はあとからあわてて買い足しました……;)


2007-05-03 23:18  nice!(3)  コメント(6)  トラックバック(1) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

nice! 3

コメント 6

どらっち

香港ってすごいんですね〜。お財布ケイタイじゃなくて、
お財布トケイ。。。。ほかにもバージョンで出るんですよね?
それとも、時計で、文字盤のデザインが違うだけなんでしょうか?
ヨーロッパが一番だったけど、なんか一番行きたい外国になって
きました!香港って。

タイル、すごくきれいです〜。さすが!ですね。
小さいタイルは、すごくかわいいですよね。大変そうですが・・・。
by どらっち (2007-05-03 23:33) 

yuka

この時計バージョンの他にもいくつもあります。
すべて限定品なので、逃すと手に入らないのですが……。

香港の交通に関しては舌を巻くことばかりです。
特に、新空港から市内へのアクセスは多分世界一スムーズで
(到着ロビーから地続きで市内へのエアポートライナーに
なんとなく乗り込めるのです。市内まで15〜20分ほど)
そのエアポートライナーでもこの時計(カード)が使えます。
街が小さくて、しかも夜遅くまでやっているから、
行きたいところに30分で行ける、しかも1日を倍に使える、
なにより、美味しいものがいっぱいです〜〜!
ああ、行きたくなってきました。
そろそろ体内に香港をチャージしなくては……。

タイル、2平方メートルを貼るのに一日目は接着に4時間、
二日目は目地材入れに4時間、てところです。
30cm角のネット貼りしてあるので、一度にできて便利です。
by yuka (2007-05-03 23:51) 

しゃんべん

香港の地下鉄で、皆がSUICAみたいなものをカバンに入れたままピッとやって改札を通っているのを見たときかっこいい~!と思いました。こんな時計も出ていたんですね。ヨーロッパはこういうチケットシステムがものすごいオールドファッションなので、日本に帰る度にSUICAの素晴らしさを実感しますが、香港はさらにかっこいいなあ。私も行きたくなってきました。

タイル、自分で貼ったんですか!敬服します。
by しゃんべん (2007-05-04 07:24) 

moco

香港ってすごいですね。
屋台の下からロケット発射!みたいなイメージです。
by moco (2007-05-05 16:06) 

yuka

書き込みありがとうございます!
香港は携帯電話も世界的に進んでいましたね〜。
まだ日本に普及していない頃から、みんな持ってました。
あ〜、次はいつ行こうかな……
最近ホテルがとりにくいんですヨ。
by yuka (2007-05-06 02:15) 

okappa

最近仕事で香港に行ってきました。
時計型のオクトパスを使っている女の子がいて、とってもうらやましかったです。私は普通のオクトパスカードを購入しましたが大活躍!フェリーにもトラムにも乗れちゃうし。
今度は是非プライベート行きたい街です。雑貨好き魂に火がつく街でした。そのために(?)オクトパスカードも手元に残しておきました~!
by okappa (2007-05-08 13:55) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。